介護転職サイト.com

年齢に応じた転職活動をしよう

介護職への転職を目指す場合、年齢も重要なポイントとなります。基本的に転職は若ければ若いほど有利になりますし、30歳を過ぎると難しく、40代に入ると非常に困難になります。ただ、介護職に関してはそうした世間一般のイメージは当てはまらず、年齢に関係なく転職活動を進めていける面があります。まだ業界そのものが10年ちょっとくらいの歴史しかないこと、人手不足が大きな問題となっていることなどが理由として挙げられます。ただ、年齢がまったく関係ないわけではなく、年齢にあわせた職探し、転職活動を行っていく必要があります

たとえば20代の場合、若さが最大の武器です。雇う側としてもできるだけ長く働いてくれる人材を求めていますから、20代は引く手もあまたな状況といってよいでしょう。未経験からの就職も十分可能で、前の職種や経験もほとんど問われません。一方、若く体力があることから、入浴や排泄の介助など体力が求められる仕事を担当することが多く、また夜勤や休日出勤などが求められる機会も多くなります。逆に言えばこうした要望に応えられる人材なら就職・転職活動がますます有利になります。

30代以上の場合はこれまでの経験が重視されるようになるでしょう。介護業界での経験だけでなく、社会経験全般が求められます。介護職では介護サービスを利用する高齢者、あるいはその家族とのコミュニケーションも重要なポイント。決められたサービスを淡々とこなすのではなく、利用者の意思や希望にあわせ、柔軟に対応することが求められるのです。また、利用者の尊厳や意思を尊重した接し方も必要です。こうした部分は人生経験が大きくものを言います。社会人として積み重ねてきた経験が介護職での仕事に直接役立つことも多いのです。

また、看護師や理学療法士など医療・福祉の分野での資格・経験を持っている場合には介護業界の経験の有無を問わず優遇されるでしょう。

女性の場合は子育ての経験があるかどうかもポイント。子育てを終えた世代だからこそ、高齢者とわかちあえる価値観もあります。人生の苦労をともに分かち合い、生きる喜びや充実感を確かめ合う。介護サービスにはそうした面も重要です。年輪を重ねたからこそ共有できる部分、語り合える部分。これは若い世代には決して期待できない部分でしょう。

このように、介護職への転職活動の場合、年齢に応じ、これまでのキャリアや強みを活かしたうえで行っていくことが大事です。なかなか難しい、という人は転職支援サイトを利用し、コンサルタントのアドバイスを受けながら行っていくとよいでしょう。ベネッセの介護士お仕事サポートやmc介護のお仕事などがオススメです。

介護業界の転職に強いエージェントランキングをご参考に

  サービス名 利用料 対応エリア 評価 詳細
クリックジョブ介護 無料 全国 ★★★★★ 詳細
ベネッセMCM
「介護士お仕事サポート」
無料 全国 ★★★★★ 詳細
かいご畑 無料 関東・近畿 ★★★★ 詳細
 ⇒⇒ 人気ランキングの続きをチェックしてみる(8位まで掲載中)!

TOP

人気エージェント一覧

各エージェントの評判・口コミ

保有資格別の転職活動

条件別の求人先

職場別で選択する

年齢別の転職活動

お役立ち情報

このサイトについて


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2013-2017 介護転職サイト.com ※2017年度最新版 All Rights Reserved.