介護転職サイト.com

介護福祉士の転職なら

介護福祉士は転職が多い仕事と言われています。その理由にはいくつかの点が挙げられます。まず介護報酬が伸び悩んでいる影響で収入が頭打ちになってしまい、生活苦から転職するケース、また人手不足のためどうしても激務になってしまい、それに耐えられず離職するケース。またケアマネージャーなど他の資格を取得してキャリアアップを目指すケースも考えられます。それだけに、介護福祉士を目指す人は一度は必ず転職するといっても過言ではありません。

では介護福祉士が転職をするうえではどういった備えが必要になるのでしょうか。まず知っておきたいのは職場の種類。介護福祉士の職場に関しては利用者が入所する形でサービスを提供するタイプと在宅介護の人にサービスを提供するタイプに分けられます。入所するタイプとは介護老人福祉施設、介護老人保健施設、有料老人ホームなどの施設です。一方在宅介護に提供するタイプではデイケアや訪問入浴などが挙げられます。

介護サービスを受ける人が入所しているかどうかは介護福祉士の就業環境に大きく関わってきます。入所している場合には夜勤が伴うからです。人手不足の場合は連日のように夜勤をしなければならなかったり、ひとりで施設全体の責任を負わなければならなくなることもあります。ですから、転職活動の際には夜勤があるかどうか、またスタッフがどれだけ確保できているかをチェックしておく必要があるのです。いくらやる気に溢れた人でも、心身の消耗が激しい職場では長続きしないものです。

それからキャリア。どんな仕事でも一定期間同じ職場で働き続けたキャリアが求められます。いくら厳しい職場といっても短期間のうちに職場を転々としているようでは「長続きしない人材」と評価されてしまいます。最低でも半年、できれば一年以上は続けることが大事です。それは単に我慢するだけの問題ではなく、就職・転職の際に続けられる職場を見つけることもポイントです。つまり、次の職場を探す就職・転職活動はその次の転職活動にも影響を及ぼすわけです。キャリアアップのためにより責任の思い職場を目指す意欲あふれる人も多いと思いますが、こうした点にも注意したうえで職場探しを行う必要があるのです。せっかくの意欲がキャリアにマイナスになってしまうようなことは避けたいところ。

このように、介護福祉士の転職はいかに働きやすい、無理なく続けられる職場を見つけることが最大のポイントとなってきます。収入はその次に考えるべきポイントといってもよいでしょう。

介護福祉士の転職に強いエージェントランキングはコチラ

  サービス名 利用料 対応エリア 評価 詳細
クリックジョブ介護 無料 全国 ★★★★★ 詳細
ベネッセMCM
「介護士お仕事サポート」
無料 全国 ★★★★★ 詳細
かいご畑 無料 関東・近畿 ★★★★ 詳細
 ⇒⇒ 人気ランキングの続きをチェックしてみる(8位まで掲載中)!

TOP

人気エージェント一覧

各エージェントの評判・口コミ

保有資格別の転職活動

条件別の求人先

職場別で選択する

年齢別の転職活動

お役立ち情報

このサイトについて


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2013-2017 介護転職サイト.com ※2017年度最新版 All Rights Reserved.