介護転職サイト.com

理学療法士(PT)の転職なら

理学療法士はおもにリハビリテーションにおいて活躍する仕事です。リハビリテーションといえば怪我からの復帰を目的に行うイメージもありますが、現代社会においては高齢者が身体機能を回復させ、自律した生活を取り戻すための目的も大きな意味を持っています。そのため、介護関連施設から理学療法士への需要が高まっているのです。

では理学療法士が転職を目指す場合にはどのような点が重要になるのでしょうか。まず基本となる転職先の選択肢。最初の選択肢となるのはやはりリハビリ関連施設。具体的にはリハビリテーション専門施設や総合病院のリハビリテーション科。こうした施設ではおもに怪我からの回復を目指す人へのサポートが仕事となります。怪我からの復帰を目指す人は例外なく焦っています。早く復帰しようと焦って無理をすることも多いだけに、じっくりと取り組む環境を用意することも理学療法士の重要な仕事です。

それから介護関連の施設。代表的なところではデイケアや老人保健施設、訪問リハビリテーションなどが挙げられるでしょう。こうしたところではもっぱら高齢者を対象に仕事を行うことになります。怪我などの特別な理由もなく、体の衰えによって身体機能が損なわれることも多いため、体力回復などを含めた総合的なリハビリ計画を立てる必要があります。また、身体機能の低下が生きる気力の低下、生きがいの喪失といった問題をもたらすこともありますから、精神面のケアも理学療法士の重要なポイントとなりそうです。介護福祉士やホームヘルパーとの連携も忘れてはならないでしょう。介護スタッフの一員として働く心構えが求められます。

こうした選択肢の中から転職先を探すことになるわけですが、それが難しい面もあります。専門的なスキルが求められるため求人そのものは多いのですが、職場によって求められる役割やスキルに違いが出てくることも多く、転職して実際に働き始めてから「イメージしていた環境と違う」と感じてしまうことも多いのです。そんな事態を避け、理想の職場を見つけるためには求人情報の選別が不可欠。そこでオススメなのが転職支援サイト。ベネッセの介護士お仕事サポートやMC介護のお仕事といったサイトでは専任のコンサルタントが就き、ひとりひとりの希望や適性にあわせた仕事探しのサポートを行ってくれます。非公開求人も多数あるため、他のサイトでは見つけられない魅力的な求人をゲットすることもできるでしょう。リハビリは時間をかけて行う必要がある作業。それだけに現場で働く理学療法士も長く働ける職場を見つけたいところです

<理学療法士の転職お役立ち情報一覧>

■ 理学療法士(PT)の非常勤求人
■ 理学療法士(PT)のアルバイト求人
■ スポーツに関わる理学療法士(PT)求人
■ 公務員の理学療法士(PT)求人
■ 病院の理学療法士(PT)求人

理学療法士の転職に強いエージェントランキングはコチラ

  サービス名 利用料 対応エリア 評価 詳細
クリックジョブ介護 無料 全国 ★★★★★ 詳細
ベネッセMCM
「介護士お仕事サポート」
無料 全国 ★★★★★ 詳細
かいご畑 無料 関東・近畿 ★★★★ 詳細
 ⇒⇒ 人気ランキングの続きをチェックしてみる(8位まで掲載中)!

TOP

人気エージェント一覧

各エージェントの評判・口コミ

保有資格別の転職活動

条件別の求人先

職場別で選択する

年齢別の転職活動

お役立ち情報

このサイトについて


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2013-2017 介護転職サイト.com ※2017年度最新版 All Rights Reserved.