介護転職サイト.com

社会福祉士の転職なら

社会福祉士とは社会福祉サービスを利用する人に対して適切な助言や指導を行う仕事のことです。介護福祉士と混同されることも多い仕事ですが、その役割や職場はまったく異なります。介護福祉士が介護の現場で活躍する仕事なら、社会福祉士は介護や福祉を必要としている人と実際にサービスを提供する人の架け橋になる存在です。

では、そんな社会福祉士が転職を目指す場合にはどういったポイントが重要になってくるのでしょうか。まず知っておきたいのが就職先。高齢化の進行もあり、社会福祉士の役割が多様性を増しているといわれています。つまり、これまでの相談業務だけでなく、介護関連の入所施設やボランティア団体など幅広い分野で社会福祉士としての専門的な知識が求められているのです。

具体的にどういった職場があるのか見てみましょう。まず社会福祉関連の施設。社会福祉施設、老人保健施設、療養型医療施設、医療機関などが含まれますが、これが社会福祉士の就職先全体の約半数を占めます。それから社会福祉サービスを計画・企画する施設。行政機関や在宅介護支援センター、社会福祉協議会などが代表例として挙げられます。これが全体の約20パーセント。

さらにさまざまな福祉活動を計画する施設・企業。福祉関連のNPO法人やボランティア団体のほか、民間企業や独立事業所などが含まれます。これが全体の10パーセント程度。その他として福祉関連の資格のための養成機関、大学、大学院、研修センターといった教育施設が5パーセント程度となっています。

これらの就職先を見てもそれぞれ求められる知識やスキルが異なる点がわかります。福祉に関連するさまざまな企画を立案する能力、あるいは実際に介護や福祉サービスを必要とする人と接するためのコミュニケーション能力、あるいは教育者としての指導力。つまり社会福祉士の転職ではどの仕事に就きたいかと同じくらい、どの仕事が自分に向いているかが重要になってくるわけです。介護福祉士ほど職場とのミスマッチによる離職・転職は多くありませんが、やはり自分の転職として長く働くためには適性をよく見極めたうえで次の就職先を探していく必要があるでしょう。

なお、社会福祉士はなかなか求人を見つけるのが困難な面もあります。そんな時には介護関連の転職支援を行っているサイトを利用するとよいでしょう。ベネッセの介護しお仕事サポートやMC看護のお仕事などがオススメです。コンサルタントによるサポートも受けられますから、自分の適性も見つけやすいでしょう。

<社会福祉士の転職お役立ち情報一覧>

■ 30代の社会福祉士(ソーシャルワーカー)の求人探し
■ 40代の社会福祉士(ソーシャルワーカー)の求人探し
■ 50代の社会福祉士(ソーシャルワーカー)の求人探し
■ 社会福祉士(ソーシャルワーカー)のアルバイト求人探し
■ 生活相談員の社会福祉士(ソーシャルワーカー)求人
■ 行政機関の社会福祉士(ソーシャルワーカー)求人
■ 学校の社会福祉士(ソーシャルワーカー)求人
■ 病院の社会福祉士(ソーシャルワーカー)求人
■ 刑務所の社会福祉士(ソーシャルワーカー)求人
■ 老人ホームの社会福祉士(ソーシャルワーカー)求人

社会福祉士の転職に強いエージェントランキングはコチラ

  サービス名 利用料 対応エリア 評価 詳細
クリックジョブ介護 無料 全国 ★★★★★ 詳細
ベネッセMCM
「介護士お仕事サポート」
無料 全国 ★★★★★ 詳細
かいご畑 無料 関東・近畿 ★★★★ 詳細
 ⇒⇒ 人気ランキングの続きをチェックしてみる(8位まで掲載中)!

TOP

人気エージェント一覧

各エージェントの評判・口コミ

保有資格別の転職活動

条件別の求人先

職場別で選択する

年齢別の転職活動

お役立ち情報

このサイトについて


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2013-2017 介護転職サイト.com ※2017年度最新版 All Rights Reserved.