介護転職サイト.com

転職理由はどうする?

転職理由はできるだけ明確に。これは業種に関わらず転職活動を行う際に重要になるポイントです。これは応募した理由、志望動機とも関わってくる問題であるとともに、前の職場を辞めた理由を説明する際にも重要になってきます。

では介護職への転職を目指す場合、転職理由はどのような点に注意すればよいのでしょうか。まず基本となるのは前向きな理由にすること。介護業界は慢性的な人手不足の状況が続いており、就職先が見つからなかった人、あるいは前の職場を不本意な形で退職した人が就職を目指す「駆け込み寺」のような状況にもなっています。もちろん就職しやすかったから応募した、では済まされません。さすがにそんな理由をストレートに書く人はいないでしょうが、自分の中で明確な転職理由を決めておかないとどうしても面接の態度などで表面で出てしまいます。介護業界にどんな希望や可能性を見出したのか、自分が介護職になることによってどう成長していくことができるのか、していきたいのかを明確に確認しておきましょう。

それから前の職場を辞めた理由。これも「後ろ向きな理由」を書いてはいけないという鉄則があります。介護業界への転職の場合、とくにこの点が非常に重要になってきます。よく言われているように、介護業界は離職率が高い業界です。その理由としては給料がなかなか上がらない、夜勤や休日出勤など厳しい就業環境に晒されているといった事情が挙げられます。そしてこれらは他の業種においても有力な退職理由となっています。前の職場を辞めた理由を「就業環境があまりにも厳しかったから」「不規則な生活を強いられて心身の負担に耐えられなくなった」といった内容にすると採用担当者は「うちの職場でも同じような理由ですぐにやめてしまうかも」と考えてしまう恐れがあります。前の職場の退職理由は不満点は書かず、当たり障りのない内容、あるいは「前の職場よりも介護職のほうに自分の可能性を感じた」といった前向きな理由を書くようにしましょう。ただ、前向きな理由はあまりかっこつけて書くと白々しく見えてしまうので加減が必要です。

転職理由に関してはこれらのポイントさえ踏まえておけばそれほど神経質になる必要はないかもしれません。ただ不安に思う人は多いでしょう。とくにはじめての転職の場合は転職理由が足を引っ張ったりしないか不安になるもの。そんな場合には転職支援サイトの利用がオススメです。ベネッセの介護士お仕事サポートやmc介護のお仕事では専任のコンサルタントがつき、履歴書の作成や面接対策などのアドバイスを行ってくれます。自分ひとりでは不安な転職理由の作成もプロのコンサルタントのアドバイスがあれば安心できますし、適切なものに仕上げることができるでしょう。無料で登録・利用できますから、うまく活用して対策を行っていくとよいのではないでしょうか。

介護業界の転職なら下記のエージェント利用が効率的!

  サービス名 利用料 対応エリア 評価 詳細
クリックジョブ介護 無料 全国 ★★★★★ 詳細
ベネッセMCM
「介護士お仕事サポート」
無料 全国 ★★★★★ 詳細
かいご畑 無料 関東・近畿 ★★★★ 詳細
 ⇒⇒ 人気ランキングの続きをチェックしてみる(8位まで掲載中)!

TOP

人気エージェント一覧

各エージェントの評判・口コミ

保有資格別の転職活動

条件別の求人先

職場別で選択する

年齢別の転職活動

お役立ち情報

このサイトについて


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2013-2017 介護転職サイト.com ※2017年度最新版 All Rights Reserved.