介護転職サイト.com

自己PRはどうする?

自己PRはなかなか難しいものです。そもそも自分を客観的に判断して長所を見出すことが困難ですし、それを他の人にアピールできる内容にするとなるとさらに難しくなります。しかし就職・転職活動において自己PRは不可欠。ここでどれだけアピールできるかによって 採用の有無が決まってしまうこともあります。

これは単に長所をアピールできるかどうかだけが問われるのではなく、自己判断能力、客観的に判断する能力が備わっているか、自己の適性や能力を自覚できているかを問う面もあるからです。自己認識においては過大評価も過小評価も大きなマイナス。大半の仕事は他のスタッフとの共同作業で行っていくことになりますから、自分ができることとできないくことをしっかりと確認できていることが求められるのです。また、正確な自己認識は今後自分自身を成長させ、キャリアアップを目指すうえでも重要なポイントとなります。自分の長所を伸ばし、弱点を克服する上で大きな意味を持つからです。

介護業界への転職での自己PRの重要さは変わりません。介護職はとくに他のスタッフとの連携、チームでの作業が多くなるためより重要になるといってもよいでしょう。では自己PRはどういった内容が望ましいのでしょうか。もちろん正直に書くのが大前提ですが、協調性があること、コミュニケーション能力があることなどが強調ポイントとして挙げられます。ただ、単に「自分には協調性があると思います」「人とコミュニケーションをとるのが得意です」といった内容にするのではなくある程度根拠を示しつつアピールすることが求められます。「前の職場では数多くのプロジェクトに関わり、同僚との共同作業で仕事をなしとげてきました」など。過去の実績と介護職への意欲の両方をうまく取り込んだ形でアピールすればなお効果的です

異業種から転職を目指す場合にはできるだけ介護職に関連したスキルやキャリアを活かせるかも自己PRのポイントとなってきます。先ほどあげたチームでの共同作業のキャリアのほか、接客業で多くの人とコミュニケーションをとってきた実績、あるいは事務職としての実績など。介護職にもホームヘルパーや一般事務などさまざまな職種がありますから、自分が転職を目指す職種にあわせたスキル・キャリアをアピールするようにしましょう。

どうしても難しい場合、効率よく作成していきたい場合には転職支援サイトの利用がオススメです。ベネッセの介護士お仕事サポートやmc介護のお仕事なら専任のコンサルタントが志望動機や自己PRの作成のアドバイスを行ってくれます。プロの視点でチェックしてもらえれば自信を持って面接でアピールすることもできるはずです。

介護業界の転職なら下記のエージェント利用が効率的!

  サービス名 利用料 対応エリア 評価 詳細
クリックジョブ介護 無料 全国 ★★★★★ 詳細
ベネッセMCM
「介護士お仕事サポート」
無料 全国 ★★★★★ 詳細
かいご畑 無料 関東・近畿 ★★★★ 詳細
 ⇒⇒ 人気ランキングの続きをチェックしてみる(8位まで掲載中)!

TOP

人気エージェント一覧

各エージェントの評判・口コミ

保有資格別の転職活動

条件別の求人先

職場別で選択する

年齢別の転職活動

お役立ち情報

このサイトについて


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2013-2017 介護転職サイト.com ※2017年度最新版 All Rights Reserved.