介護転職サイト.com

居宅介護支援の求人

居宅介護支援事務所を巡る環境がここ数年で変化してきています。高齢者一人一人が充実した介護サービスを受けられるよう、制度の整備が進められていますが、その中で居宅介護支援事務所の経営が難しくなっている面があるのです。

居宅介護支援とは介護を必要としている人が適切な介護サービスを受けられるようささまざまな手続きを行うものです。たとえば要支援、要介護認定の申請代行。この認定を受けなければ介護サービスを受けることはできませんし、適切なレベルで認定を受けなければ本当に必要なサービスが受けられなかったり、費用の負担が大きくなってしまうといった問題が生じます。それからケアプランの作成。ケアマネージャーの仕事して有名ですが、高齢者ひとりひとりの健康状態、生活環境、家族の状況などを把握したうえで適切なケアプランを作成する必要があります。さらにケアプランに基づいて実際に介護サービスを提供する施設や事業者との交渉、連絡調整などを行います。介護を必要とする高齢者と介護サービスを提供する側の架け橋の役割も担うわけです。自宅で介護サービスを受ける上で欠かせないものなのです。

ではどうしてそんな重要な居宅介護支援事務所の経営が難しくなっているのでしょうか。これは現在の介護業界が抱える資金不足という問題と深く関わってきます。ケアマネージャーは複数の高齢者を担当し、サービスの提供によって受け取る報酬によって収入を得てきました。しかし担当する高齢者が多くなればなるほどひとりひとりに対する目配りが難しくなってきます。中には報酬目当てに明らかに一人では手に負えないほど多くの高齢者を担当するケアマネージャーもおり、適切な介護サービスを受けられない人が増えるといった問題がかつてありました。厚生労働省はそうした問題を解消するため、一人のケアマネージャーが担当できる高齢者の数が35人までに制限され、ひとりひとりへのサービスの向上が求められるようになったのです。ケアマネージャー、そして居宅介護支援事務所としては収入の機会が減らされたことを意味します。

このように、居宅介護支援は厳しい状況にあるといってもよいわけですが、逆に言えば以前に比べて質が問われる状況にあるといえます。しっかりとした仕事をしてくれるケアマネージャーには当然多くの仕事がもたらされますし、できないケアマネージャーは仕事が減っていきます。ケアマネージャーとしてのスキルが問われる状況にあるわけです。

居宅介護支援の求人をチェックする際には経営状況や運営実績なども見ておきたいところ。赤字経営が続いている、実績が乏しいところはせっかく就職しても途中で経営が成り立たなくなってしまう恐れがあります。職場環境や収入だけでなく、こうした面にも注意した上で求人情報をチェックしていくとよいでしょう。

居宅介護支援の求人なら。以下の無料エージェント活用が効率的!

  サービス名 利用料 対応エリア 評価 詳細
クリックジョブ介護 無料 全国 ★★★★★ 詳細
ベネッセMCM
「介護士お仕事サポート」
無料 全国 ★★★★★ 詳細
かいご畑 無料 関東・近畿 ★★★★ 詳細
 ⇒⇒ 人気ランキングの続きをチェックしてみる(8位まで掲載中)!

TOP

人気エージェント一覧

各エージェントの評判・口コミ

保有資格別の転職活動

条件別の求人先

職場別で選択する

年齢別の転職活動

お役立ち情報

このサイトについて


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2013-2017 介護転職サイト.com ※2017年度最新版 All Rights Reserved.