介護転職サイト.com

一般病院の求人

介護職の就職・転職先として忘れてはならないのが一般病院です。介護職というと特別養護老人ホームや有料老人ホーム、グループホームといった高齢者専門の施設が就職・転職先として思い浮かびます。しかし病院に入院する高齢者も多数おり、そこでの役割も求められているのです。

一般病院で働く介護職はまず二つのタイプに分けられます。一般病棟などで高齢者の世話をするタイプ、それから訪問看護などおもに高齢者を対象としたサービスに従事するタイプ。求人では後者の方が多い傾向があります。自宅で生活を送る高齢者が増えている状況の中、健康状態の維持や適切な治療・看護を受ける必要から訪問看護の重要性が高まっているのです。

一般病棟で介護職が働くのはおもに療養型の病棟。長期間の入院を前提にした病棟での勤務がメインとなります。療養型の病棟は大きくわけて医療と介護の2種類がありますが、介護職は介護をメインとしつつ、必要に応じて医療で働くこともあります。ただ、近年では療養型の病棟を備えた一般病院は少なくなっており、その代わりに介護老人保健施設といった高齢者向けの施設が療養型の病棟が担っていた役割を果たすようになっています。

また、どんな資格を持っているかによって一般病棟での勤務環境も異なってきます。たとえば介護福祉士やホームヘルパーといった介護方面の資格を持っている場合には基本的に訪問看護や訪問介護の仕事に従事することになります。一方、看護師の資格を持っている場合には病棟勤務と訪問看護の両方、あるいは理学療法士、作業療法士の場合はおもにリハビリ施設での勤務となります。介護関連施設の場合、こうしたさまざまな職種がチームを組んで協力し合いながら介護サービスを提供する形となっていますが、一般病院の場合はそれぞれが別々の環境の中で求められる役割を果たしていくケースが多いようです。この点は求人情報をチェックしていくうえで重要なポイントとなるでしょう。自分が望んでいる環境で働いていくことができるか、自分の資格やスキルを活かすことができるかを確認したうえで決める必要があるのです。

一般病院での求人のメリットとしては雇用環境と待遇が恵まれている点が挙げられるでしょう。診療報酬の減額などによってどの介護関連施設も厳しい経営が強いられているといわれています。そのため給料がなかなか上がらない、人手不足で激務に晒されるといった問題も浮上しています。それに比べると一般病棟は働きやすい環境にあるといえるでしょう。もちろん、夜勤の必要なども出てきますから、必ずしも楽というわけではありません。そのあたりも求人情報をよく確認した上で判断したいところです。

病院の介護求人なら。以下の無料エージェント活用が効率的!

  サービス名 利用料 対応エリア 評価 詳細
クリックジョブ介護 無料 全国 ★★★★★ 詳細
ベネッセMCM
「介護士お仕事サポート」
無料 全国 ★★★★★ 詳細
かいご畑 無料 関東・近畿 ★★★★ 詳細
 ⇒⇒ 人気ランキングの続きをチェックしてみる(8位まで掲載中)!

TOP

人気エージェント一覧

各エージェントの評判・口コミ

保有資格別の転職活動

条件別の求人先

職場別で選択する

年齢別の転職活動

お役立ち情報

このサイトについて


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2013-2017 介護転職サイト.com ※2017年度最新版 All Rights Reserved.